高松市で自律神経失調症にお悩みの方へ


自律神経失調症は、交感神経と副交感神経という自律神経を構成する2つの神経のバランスが崩れることから引き起こされる症状で、片頭痛、頭重感、眼精疲労、まぶたのケイレン、ドライアイ、のどの詰まり、耳づまり、耳鳴り、肩こり、腰痛、背中の痛み、吐き気、便秘、下痢、胃痛、腹部の膨張感、頻尿、残尿感、尿が出にくい、息切れ、手のしびれ、手の冷えやほてり、だるさ、めまい、微熱、不眠、疲れやすい、朝起きられない等々、様々な症状があります。

 

病院では、抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの薬物療法や心理療法が行われます。

 

当院では、自律神経失調症の原因が背骨のゆがみにあると考え、背骨のゆがみを整えることで、自律神経のバランスを調整し、自然治癒力を最大限に活性化することで症状を改善していきます。自律神経失調症の治療経過は、一般的な肩こりや腰痛と比べても重症度が高く、施術するたびに良くなるとゆうことは少なく、一時的に急に良くなったり、悪くなったりの波を繰り返しながら、徐々に徐々に良くなっていきます。また、姿勢指導や生活のアドバイスを行うことで良好なお身体の状態を維持していきます。