股関節痛の症状とは


股関節は身体の関節の中で一番大きく、身体全体を支えるという役割を果たしています。

 

その股関節のトラブルによって発症するのが股関節痛です。股関節痛の多くは「変形性股関節症」という病気によって発症し、悪化していくと日常生活に支障をきたすようになります。

 

女性よりも男性の方に股関節を支えている筋肉が十分なこともあって、股関節の痛みを訴える方の多くは女性という特徴もあります。

 

病院や一般的な整体院での股関節痛の対処法や施術法とは


ほとんどのケースでレントゲンによる画像診断が行われた後に、痛み止めの薬による症状の緩和とリハビリが開始されます。

 

それで軽減していかない場合は手術を検討することがありますが、もし股関節以外に原因があれば、手術を行ったとしても、病院の治療では改善されないかもしれません。

 

一般的な整体院や接骨院などでは、電気や超音波を当てたり、マッサージをして血流を良くすることで、症状の軽減を目指しますが、根本的に改善することはありません。

 

なぜなら股関節痛の本当の原因は腰の骨と骨盤の歪みにあるからです。


股関節そのものに負担がかかっているから痛いわけなのですが、股関節に負担がかかるのにも、その原因があります。

 

腰の骨(5個)と仙骨(骨盤)のゆがみが進行してくると、股関節にかかる負担が大きくなって、関節自体や関節面の損傷が進行して炎症(痛み)となるのです。

 

股関節痛を改善するには腰椎1~5番(腰の骨・全部で5個)と仙骨(骨盤)の良好なバランスがとても大切です。

 

当院の施術が股関節痛に対応できる理由とは


当院では、痛みの出ている場所だけを診るのではなく、股関節が何によって障害を受けているのかという根本的な原因を突き止めます。

 

背骨のすべてのゆがみを改善することにより、股関節への圧迫・刺激をなくして、痛みが出なくなるだけでなく、良い状態を維持できるようになります。