坐骨神経痛の症状とは


腰から足にかけて走行している坐骨神経が圧迫もしくは刺激されることで、しびれが現れる症状のことを言います。

 

坐骨神経は、身体の中で一番太い神経と言われていて、ほとんどの方は慢性の腰痛が悪化していった結果、お尻⇒太もも⇒すね⇒足先へと、しびれが現れ、だんだんと強くなっていきます。

 

しびれの強さ、どこがしびれるのかは、人によって、さまざまです。

 

 

病院や一般的な整体院での股関節痛の対処法や施術法とは


病院では腰痛がきっかけとなった症状と考えられているために、まずは症状を和らげる治療が行われます。

 

しびれる時は横になって安静の状態を保たせ、痛み止めの薬で一時的に症状を収めるなど手術以外の治療をしていきます。

 

それで軽減しない場合は手術を検討する場合があります。

 

しかし、坐骨神経は腰から足先まで走行しているため、圧迫や刺激するのは腰だけでなく、股関節・膝・足首などに原因があることも、あり得ます。

 

もし腰以外に原因があれば、病院の治療では改善されないかもしれません。

 

なぜなら坐骨神経痛の本当の原因は腰以外にもあるからです。


実は、腰以外の股関節・膝関節・足関節で坐骨神経を圧迫している可能性もあります。

 

お尻をズルズルすべらせて長く座っていたり、背中を丸めていたりしても、背骨をゆがませて坐骨神経を圧迫・刺激させてしまいます。

 

当院の施術が坐骨神経痛に対応できる理由とは


当院では、痛みの出ている場所だけを診るのではなく、坐骨神経がどこで障害を受けているか根本的な原因を突き止めます。

 

背骨のすべてのゆがみを改善することにより、坐骨神経への圧迫・刺激をなくして、しびれが出なくなるだけでなく、良い状態を維持できるようになります。