高松市で坐骨神経痛にお悩みのあなたへ


足には腰の下のほうから坐骨神経とゆう神経が通っていて、おしりから足にかけてどこかの筋肉が凝り、神経が圧迫されるために痛みが出ると考えられています。

 

症状の始まりは様々ですが、例えば、床にある重いものを持ち上げようとして突然腰痛を覚え、これが太ももの裏やふくらはぎに広がって痛みのために動けなくなることがあります。また、くしゃみやせき、息みで痛みが強くなり、横向きに寝ると痛みがかるくなったりします。

多くは、日常生活やスポーツで腰痛があり、ギックリ腰や腰椎ヘルニアを繰り返すうちに急に悪化します。まさに「腰痛の最終形態」であります。

 

病院では、安静を保ちながら痛み止めやブロック注射で症状の緩和に努めます。

 

 

当院では、坐骨神経痛の原因が背骨のゆがみにあると考え、背骨のゆがみを整えることで、全身の凝りを解消し、坐骨神経への圧迫や刺激をなくして、しびれや痛みを改善します。また、背骨のゆがみが整い、自然治癒力が最大限に活性化されることで症状が改善されていきます。さらに、的確な姿勢指導や生活改善を行うことで、良好なお身体の状態を維持して頂きます。